岩手のニュース

<岩手知事選>あす告示 現新の与野党対決固まる

 任期満了に伴う岩手県知事選は22日、告示される。ともに無所属で、4選を目指す現職達増拓也氏(55)と新人の元県議及川敦氏(52)による一騎打ちの構図がほぼ固まった。達増県政への評価や東日本大震災からの復興後を見通した施策が争点となる。投票は9月8日で即日開票される。
 2015年の前回知事選は無投票だったため、選挙戦は8年ぶり。先の参院選に続いて政権与党とオール野党の全面対決となる。
 達増氏は立憲民主、国民民主、共産、社民の4党が推薦する。県議選(30日告示)の立候補予定者の集会に連日出席し「人口減少など市町村だけでは対応できない課題に、県として連携して臨む」と訴える。
 県総合計画の実行を公約の柱に据え「被災者の医療費窓口負担の減免継続」「第5世代移動通信システムによる地域課題解決」などを主張する。
 及川氏は自民党と公明党県本部が推薦する。政権批判を繰り返す達増氏の政治姿勢に批判的な県議や元市町村長が支援団体を結成し「現県政はいたずらに国と対立して県民利益を損なっている」と訴える。
 公約は「保育士、介護士の処遇改善制度創設」など子育て支援策を重視。県広域振興局を増設し、市町村との直接対話による地域振興を主張する。
 7月21日現在の有権者は106万6514人。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年08月21日水曜日


先頭に戻る