宮城のニュース

時速280km新幹線ドア開く 白石蔵王−仙台間 コック開いたまま

 21日午前10時15分ごろ、東北新幹線の仙台発東京行きはやぶさ46号が白石蔵王−仙台間を時速280キロで走行中、9号車の進行方向右側のドアが開いたことを示す表示が出たため、運転士が手動で緊急停止させた。車掌が全開状態だったドアを閉めて安全を確認し、約15分後に運転を再開した。付近に乗客はおらず、乗客約340人にけがはなかった。
 JR東日本によると、清掃員が車両内側からドアを開けるために使う装置(ドアコック)が開いたままになっており、走行中の風圧や振動でドアが開いたとみられる。開いていたのは約40秒間だった。
 仙台駅での乗客や清掃員の乗降は進行方向左側のドアだったが、1人の清掃員が本来必要のない右側のコックを操作する様子が防犯カメラで確認された。JR東が清掃員から経緯を聞いている。
 はやぶさ46号はE5系の10両編成。緊急停止したのは宮城県柴田町の第2葉坂トンネル内だった。線路に降りた乗客は確認されなかった。19分遅れて東京駅に到着したはやぶさ46号を含め、東北新幹線上下計7本が最大約30分遅れ、約3300人に影響した。
 乗客が故意に開けたケースを除き、走行中に新幹線のドアが開くケースは過去になかったという。JR東の新幹線統括本部は「デッキに乗客がいれば危険な状態だった。二度と起こさないよう社員を含め指導育成に努める」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月22日木曜日


先頭に戻る