宮城のニュース

<楽天>接戦制し連敗を2で止める

 東北楽天は接戦を制し引き分けを挟んだ連敗を2で止めた。
 先発則本昂は立ち上がりからリズム良く、6回2/3を投げ3安打1失点と好投し3勝目を挙げた。九回は松井が締めて2季ぶりの30セーブ目。打線は三回、茂木が右中間に先制ソロ。七回はブラッシュの左越えソロ、九回は田中の適時三塁打で加点した。
 ロッテの先発小島は7回2失点と粘ったが、打線の援護がなく4敗目。

ロッテ−東北楽天20回戦(ロッテ11勝7敗2分け、18時15分、ZOZOマリンスタジアム、25,074人)       
東北楽天001000101−3
ロッテ 000000100−1 
▽勝 則本昂7試合3勝3敗  
▽S 松井53試合1勝5敗30S              
▽敗 小島6試合1勝4敗   
▽本塁打 茂木12号(1)(小島)
ブラッシュ23号(1)(小島)

☆イヌワシろっかーるーむ

茂木栄五郎内野手(三回に右中間へ先制ソロを放つ) 「入るとは思わなかったけど風に乗ってくれた。いい所に飛んでくれた」


2019年08月22日木曜日


先頭に戻る