福島のニュース

農業再生は先端技術で 福島・双葉町、舞台ファームと協定

協定書を交わした伊沢町長(右)と針生社長

 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県双葉町は20日、農業法人舞台ファーム(仙台市)と農業再生に関する包括連携協定を結んだ。町は同社の支援を受け、担い手を発掘しながら先端技術を生かした新たな農業の実践を目指す。
 町は、来年春の避難指示解除を目指す区域にある両竹地区、2022年春の解除を目指す特定復興再生拠点区域(復興拠点)の羽鳥地区などを営農再開の先導地域と想定。農業者の意向を確認し、進め方などのビジョンを年度内に定める。
 ただ、避難の長期化や高齢化を背景に担い手不足は深刻。放射能の影響などで販路確保への懸念も強い。町は、南相馬市小高区や福島県浪江町の営農再開を支援する舞台ファームとの連携が必要と判断した。
 同社は小高区と浪江町の農業者らのコメ生産を支援。パックご飯を生産するアイリスオーヤマグループへ販路をつないだり、小型無人機ドローンを使う先端農業を実践したりしている。
 針生信夫社長は担い手確保について「町民や企業の協力を得るなど新しい切り口で担い手を見つけ出したい」と強調。風評対策では「数字を基本に、踏み込んだ形で安全安心を立証する必要がある」と助言した。
 伊沢史朗町長は「舞台ファームの力を借りながら、他ではやっていない農業を発信できればいい」と期待した。


関連ページ: 福島 経済

2019年08月22日木曜日


先頭に戻る