宮城のニュース

闇に輝く野生の姿 八木山動物公園ナイトズージアム24日まで 夜行性のトラやイノシシ、日中より活発に

ライトを浴び、水辺に浮かび上がるフラミンゴ
夜の水槽をダイナミックに泳ぐホッキョクグマ
夕闇の散歩を楽しむキリン

 仙台市八木山動物公園(太白区)は22〜24日、開園時間を午後9時まで延長し、夜の動物園を観覧できる「ナイトズージアム」を開催する。21日夜はライトアップされた園内と一部の動物たちを報道機関に事前公開した。
 夜行性のトラやイノシシが日中より活発に動く様子が楽しめる。アフリカ園は緑色にライトアップされ、幻想的な空間をアフリカゾウやキリンが歩き回る。プレーリードッグなどを除く約130種類、計570頭の動物が公開される。
 遠藤誠一施設係長は「非日常的な園内の雰囲気と、日中とは違う動物の行動を観察してほしい」と話す。
 夜間の開園時間は午後4時45分〜午後9時(最終入園は午後8時15分)。日中に入園し、そのまま夜間も見学することもできる。連絡先は動物公園022(229)0122。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月22日木曜日


先頭に戻る