岩手のニュース

岩手知事選告示 現新2氏の争い

 任期満了に伴う岩手県知事選が22日告示され、ともに無所属で、4選を目指す現職の達増拓也氏(55)=立民・国民・共産・社民推薦=、新人で元県議の及川敦氏(52)=自民推薦=が立候補を届け出た。及川氏は公明党県本部の推薦も得た。投票は9月8日で即日開票される。
 7月の参院選岩手選挙区に続き、政権与党とオール野党の全面対決が確定した。3期12年の達増県政に対する評価や東日本大震災からの復興後を見据えた県政施策が主な争点となる。
 達増氏は盛岡市大通の事務所前で第一声に臨んだ。約300人の支持者を前に「オール岩手で震災復興に取り組んできた」と実績を強調。震災復興や県総合計画の実行を公約に掲げ「県と市町村で力を合わせ、未来を切り開く」と訴えた。
 及川氏は盛岡市の県産業会館前で支持者約100人と共に気勢を上げた。「達増県政はいたずらに国と対立し、市町村との対話もできていない」と主張。子育て支援策の拡充などを進め「県民に身近で愛される県政をつくる」と述べた。
 21日現在の有権者は106万744人。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年08月23日金曜日


先頭に戻る