宮城のニュース

仙台市議選でも「センキョ割」 飲食店など18店参加

センキョ割実施店舗で掲示するポスター

 仙台市議選(25日投開票)の投票率向上につなげようと、投票した証拠を示すと割引などのサービスが受けられる「センキョ割」を仙台市近郊の飲食店など18店舗が実施する。7月の参院選でも約10店舗が参加し、約60人がサービスを利用した。
 サービス期間は25日の投票日から9月8日までの2週間。投票所で申請すると交付される投票済証明書を参加店舗に提示する。投票所の看板と自分の顔、または本人確認ができる学生証や免許証を一緒に撮った写真でもいい。
 仙台市青葉区の映画館「フォーラム仙台」は料金を一般1800円から500円、学生1500円から400円割引する(一部対象外作品あり)。参加店舗やサービス内容は、センキョ割のホームページとインスタグラムのアカウントsenkyowari_sendaiで紹介している。
 センキョ割はPR業のワカゾウ(東京)が2012年に始めた。実施委員会の担当者は「選挙に関心を持つきっかけになってほしい」と話す。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年08月24日土曜日


先頭に戻る