宮城のニュース

お年寄りの心に寄り添う 市民ボランティアを養成

 ◇…人手不足に悩む介護施設を支えようと、宮城県富谷市が、利用者の話し相手などになる市民ボランティア約30人を養成した。地域と施設の支え合いモデル事業と題した初の取り組みだ。
 ◇…ボランティアの配属先が決まり、20日にあった開始式で各施設担当者と対面。富谷産蜂蜜入りの炭酸飲料で乾杯し、テーブルを囲んで和やかに懇談した。
 ◇…お年寄りの心の声に寄り添うサポーターにと「とみサポ こころね」との愛称を決め、ユニホームのお披露目も。9月からの活動に向け、心一つに決意を新たにした。(富谷)


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月25日日曜日


先頭に戻る