宮城のニュース

<楽天>勝率5割に戻る

 東北楽天は延長の末に敗れ、勝率は5割に戻った。5−5の延長十回、松井が2死一、二塁のピンチを背負うと中村にサヨナラの二塁打を許した。
 先発菅原は三回途中2失点で、4回を投げた3番手辛島も3失点(自責点2)。打線は2−5の八回、渡辺佳のプロ初本塁打となる右越え3ランで追い付いたが、九、十回は走者を出すものの無得点に終わった。
 西武は6番手の佐野が2勝目を挙げた。

西武−東北楽天16回戦(東北楽天9勝7敗、17時00分、メットライフドーム、25,869人)
東北楽天0010010300 −5
西  武0020120001×−6
(延長10回)
▽勝 佐野36試合2勝2敗
▽敗 松井55試合2勝6敗30S
▽本塁打 森17号(1)(辛島)秋山18号(1)(辛島)渡辺佳1号(3)(平井)

☆イヌワシろっかーるーむ

フェルナンド外野手(五回、今季初安打となる右前打を放つ) 「ヒットが出て良かったが、(十回無死一塁からの)犠打を決めたことのほうが満足。2軍で重点的に練習してきた。最後まで試合に出られなかった点は本当に悔しい」


2019年08月25日日曜日


先頭に戻る