広域のニュース

八村、チームけん引 日本逆転ドイツ下す バスケットボール

日本―ドイツ 第2クオーター、攻め込む八村

 バスケットボールの強化試合は24日、さいたまスーパーアリーナで行われ、31日に中国で開幕する男子のワールドカップ(W杯)に出場する世界ランキング48位の日本は同22位のドイツに86−83で逆転勝ちした。日本は25日に同51位のチュニジアと対戦する。
 日本は序盤から八村(ウィザーズ、宮城・明成高−米ゴンザガ大出)を中心に得点し、35−42で迎えた後半に渡辺雄(グリズリーズ)らの得点で追い上げた。3点を追った最終クオーターに馬場(A東京)のフリースローで逆転し、逃げ切った。八村は両チーム最多31得点の活躍だった。

◎八村チームけん引 要所で粘り勝利呼ぶ

 日本がこれまで手も足も出なかった欧州勢に競り勝った。世界とも渡り合える可能性を示した。
 八村が勝負どころでチームを救った。最終クオーター、80−81の残り1分50秒。篠山がNBA選手のガード、シュレーダーに抜かれるのを察知、素早くカバーに入り、レイアップをブロックした。直後の速攻を引き出し、逆転のフリースロー獲得につなげた。
 読み勝ちだった。シュレーダーは3点シュートの確率が低く、ドライブを得意とする。「(味方は)抜かれると思っていた」。相手はドイツのベストプレーヤー。「(勝負どころは)自分で決めたいと思うもの。パスはないと思い、狙っていた」
 前半は苦戦した。200センチ超の選手3、4人が常にコートに立つドイツに対し、リバウンドを取られ過ぎた。シュート試投数で差をつけられ、リードを許した。後半は要所で八村や渡辺がリバウンドやルーズボールに食らい付いて粘り、勝利を手繰り寄せた。
 ドイツのシュートタッチの悪さに助けられた面はあった。試合前の練習から3点シュートが入らず、本番は39本も放って成功は10本。渡辺や篠山は「ドイツはどこまで本気だったか分からない」と慎重な物言いだ。
 八村の捉え方は違う。「じゃあ僕らも100パーセントの力を出していたかと言えば、そうじゃない。日本なんかに負けたくないと思っているドイツに勝った。勝ちは勝ちだ」。あくまで強気。米国で培った姿勢なのだろう。(佐藤夏樹)


2019年08月25日日曜日


先頭に戻る