宮城のニュース

<塩釜市長選>現新3氏の争い

 任期満了に伴う塩釜市長選は25日告示され、5選を目指す無所属現職の佐藤昭氏(77)、無所属新人で元県議会議長の佐藤光樹氏(51)=自民推薦=、共産党新人で党塩釜地区委員長の阿部進氏(49)が立候補を届け出た。投票は9月1日で即日開票される。
 昭氏は「東日本大震災からの復興を完遂させたい。夢、希望を与えるまちづくりを進め、少子高齢化策を充実させる」と強調した。
 光樹氏は「復興後の反動で閉塞(へいそく)感が漂う市政。対話を大切に新しい市政の流れをつくりたい。行動力を見てほしい」と主張した。
 阿部氏は「自民党政治を代表する2人と、市民と政治を変える私の対決。市民の暮らし、なりわい第一に市政を変える」と訴えた。
 今月24日現在の有権者は4万6623人。

 ◇塩釜市長選立候補者

佐藤  昭(さとうあきら)77 無現(4)市長(県港湾空港局長、土木部次長)塩釜市、日大

佐藤 光樹(さとうこうき)51 無新 元県議会議長(県議(4)、参院議員秘書)塩釜市、東北学院大=(自)

阿部  進(あべすすむ) 49 共新 党地区委員長(民青同盟地区委員長)塩釜市、東北大中退


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年08月26日月曜日


先頭に戻る