宮城のニュース

高校ラグビー県予選・来月1日開幕 13チームがV争い

 第99回全国高校ラグビー大会県予選が9月1日、利府町の県サッカー場で開幕する。13チームが出場してトーナメントで争い、決勝は10月20日に仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で行われる。
 優勝候補は第1シードで準々決勝から登場する仙台育英が筆頭。テンポの良いパス回しを駆使した素早い展開を武器に、24年連続26度目の全国大会出場を目指す。第2シードの仙台三高はバックス陣に昨年のメンバーが多く残るなど経験豊富。第3シード石巻工はFW陣が強く突破力があり、第4シード佐沼はキックとパスを絡めた展開が持ち味だ。
 昨年単独で出場した気仙沼向洋と古川工が連合チームを組むため、参加チームは一つ減った。
 優勝校は12月27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月26日月曜日


先頭に戻る