宮城のニュース

<楽天>今季最多14得点猛攻 西武との同一カード3連敗を阻止

 東北楽天は13安打、今季最多14得点の猛攻で同一カード3連敗を阻止した。一回1死二、三塁、ブラッシュの2点二塁打で先制。2−0の五回は堀内、島内の適時二塁打、浅村の右越え2ランで4得点。六回には和田の適時二塁打、八回には再び和田の適時打などで5点を加えた。
 先発石橋は6回5安打2失点と好投し6勝目。七回以降はハーマン、青山、高梨が無失点で逃げ切った。
 西武は連勝が2で止まった。先発十亀が六回途中7失点と乱調で5敗目。

 西武−東北楽天17回戦(東北楽天10勝7敗、17時00分、メットライフドーム、29,497人)
東北楽天200041052=14
西  武000011000=2
▽勝 石橋24試合6勝6敗
▽敗 十亀16試合4勝5敗
▽本塁打 浅村28号(2)(十亀)木村10号(1)(石橋)

☆熱血平石語録

なかなか見られない 「大きな一打だった。(九回の)スリーベースはなかなか見られない」(和田の六回の適時二塁打と九回の適時三塁打に)


2019年08月26日月曜日


先頭に戻る