福島のニュース

東邦銀の元行員2644万円を着服 懲戒解雇、刑事告訴へ

 東邦銀行は26日、宇都宮支店(宇都宮市)の男性元行員(29)が現金約2644万円を着服していたと発表した。近く刑事告訴する方針。
 同行によると、元行員は宇都宮支店の渉外係だった2〜8月、担当の顧客である法人や個人8取引先から約30回にわたり、預かった現金や払戻請求書の不正使用で出金した現金を着服した。
 8月初旬に顧客から問い合わせがあり、行内調査を実施し発覚。元行員は着服金のうち約1551万円を入金し、約1093万円を着服したままにしていた。同行は23日付で懲戒解雇処分とした。
 着服金は競馬などに使ったとみられ、元行員は「銀行の信用を失墜させ、顧客に多大な迷惑を掛けた」と話しているという。親族などが既に1093万円を全額弁済した。
 同行は「内部管理体制の強化を図り、信頼回復と再発防止に努める」との談話を出した。


関連ページ: 福島 社会

2019年08月27日火曜日


先頭に戻る