宮城のニュース

「嶽きみ」収穫期、直売所にぎわう 弘前特産のトウモロコシ

嶽きみを購入する客らでにぎわう柳田とうもろこし店

 岩木山麓の弘前市嶽地区で特産のトウモロコシ「嶽きみ」が収穫期を迎えた。道路沿いに多くの直売所が立ち並び、買い物客らでにぎわっている。収穫は9月下旬ごろまで。
 昼夜の寒暖差が約10度になる環境下で栽培される嶽きみは強い甘味が特徴。直売所「柳田とうもろこし店」によると、今年は例年並みの糖度で甘さは十分という。
 多い時には1日200人以上が買いに訪れる同店には、朝に収穫されたばかりの嶽きみが並べられ、ゆでたてや焼きトウモロコシも人気がある。
 市内の直売施設「野市里(のいちご)」では、嶽きみを使ったロールケーキやアイス、プリンも楽しめる。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月28日水曜日


先頭に戻る