福島のニュース

ミルク風味をポテチで 郡山のクリームボックス味、カルビーが限定発売へ

郡山の地元グルメ「クリームボックス」を再現したポテトチップス

 カルビーは、地方自治体と共同で作るご当地ポテトチップスの一環で、郡山ゆかりのパン「クリームボックス」味の商品を9月23日から限定販売する。
 ミルクのまろやかな味わいとパンの香りで、クリームボックスの風味を再現した。甘さに合うように薄切りのチップスを採用。後味の塩気がおいしさを引き立てている。
 クリームボックスは、厚切りの食パンに白いミルク風味のクリームをたっぷり塗った郡山発祥のグルメ。昨年11月に商品開発を始め、県職員と社員が意見交換や試食会を重ねて味や包装デザインを決めた。
 8月19日に伊藤秀二社長らが県庁を訪れて商品化を報告した。試食した内堀雅雄知事は「まさにクリームボックスの味わい。女性にも喜ばれるはずだ」と絶賛した。
 伊藤社長は「実際に郡山に行ってみようという人も増えるのではないか。地元の味の商品開発を通じて福島や全国各地を盛り上げていきたい」と力を込めた。
 東北6県と新潟、長野の8県の店舗やカルビーアンテナショップで販売する。55グラム。オープン価格。想定価格は130円前後。約16万袋製造し、なくなり次第販売を終了する。


関連ページ: 福島 経済

2019年08月28日水曜日


先頭に戻る