宮城のニュース

神楽は日本のオペラだ 登米の団体が定禅寺ジャズフェスに出演 9月7日、仙台・西公園

練習する長下田神楽保存会のメンバー

 宮城県登米市石越町で南部神楽を伝承する長下田(なげた)神楽保存会が、9月7、8日に仙台市で開かれる第29回定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演する。保存会によると、同ジャズフェスに南部神楽の団体が出演するのは初めて。
 会員らは「洋楽中心の舞台には場違いと思われそうだが、神楽は日本のオペラだ。多くの人に楽しんでもらいたい」と張り切る。
 保存会は7日午前11時55分から青葉区の西公園旧図書館跡地のステージに出演。源義経一代記「金売り吉次三兄弟 鏡が宿の場」を約40分間、披露する。
 南部神楽は岩手県南や宮城県北の農村部に伝わる民俗芸能。山伏などにだけ舞うことが許されていた法印神楽が源流で、江戸末期以降、農民や庶民に広まり親しまれた。現在も地域の祭りなどで奉納されている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年08月29日木曜日


先頭に戻る