宮城のニュース

<楽天>反撃届かず 先発則本昂は4敗目 ロッテに4−5

 東北楽天は競り負け、3連勝はならなかった。
 先発則本昂は今季最短の2回4失点(自責点1)と乱れ、4敗目を喫した。2番手戸村は3回1/3で1失点(自責点0)。打線は1−4の四回、ブラッシュの2試合連続弾となる左越え2ランで反撃。3−5の八回は代打フェルナンドの中前適時打で1点差に迫ったが、及ばなかった。
 ロッテは3年ぶりの東北楽天戦勝ち越し。先発小島は5回3失点で2勝目。

東北楽天−ロッテ23回戦(ロッテ12勝9敗2分け、18時00分、楽天生命パーク宮城、22,613人) 
ロッテ 130001000−5 
東北楽天001200010−4
▽勝 小島7試合2勝4敗   
▽S 益田49試合3勝4敗23S 
▽敗 則本昂8試合3勝4敗  
▽本塁打 ブラッシュ27号(2)(小島)

☆イヌワシろっかーるーむ

ブラッシュ外野手(四回に2試合連続本塁打となる左越え2ランを放つ)「打ったのはたぶんチェンジアップ。しっかり仕留められた」

☆熱血平石語録

悔しい思い 「全て一方的に負けているわけではない。紙一重の試合が多く悲観的に捉えてはいないが、悔しい思いはある」(この日の敗戦で今季のロッテ戦負け越しが決まったことに)


2019年08月29日木曜日


先頭に戻る