福島のニュース

綾瀬はるかさん、会津藩公行列に今年も参加 9月22日

綾瀬はるかさん
鈴木梨央さん

 福島県会津若松市は28日、会津まつり(9月21〜23日)のメイン行事「会津藩公行列」(同22日)の特別ゲストとして、俳優の綾瀬はるかさん、鈴木梨央さんが参加すると発表した。綾瀬さんは6年連続、鈴木さんは2年連続。
 2人は2013年放送のNHK大河ドラマ「八重の桜」に山本八重役で主演。鈴木さんは八重の子ども時代を演じた。鶴ケ城で午前9時55分からある出陣式であいさつした後、化粧車に乗って市中心部の約7キロをパレードする。
 綾瀬さんは「今年もお声掛けいただきありがとなし。お会いできることを楽しみにしています」、鈴木さんは「わくわくしています。皆さん一緒に楽しみましょう」との談話を寄せた。
 今年の行列は鎌倉−江戸時代の歴代領主で構成。総勢約500人による歴史絵巻を展開する。奥羽越列藩同盟を結んだ仙台藩の遠藤家花山鉄砲組(栗原市)に加え、会津藩再興の地・斗南藩(むつ市)などゆかりの地からも参加する。
 市制120周年記念協賛事業として、日光東照宮流鏑馬(やぶさめ)特別公演が23日午後2時(開場午後1時)から、会津若松市城前町の旧県立病院跡地である。観覧無料。
 期間中の来場者は、戊辰戦争150年の昨年(24万4500人)並みを見込む。


関連ページ: 福島 社会

2019年08月29日木曜日


先頭に戻る