宮城のニュース

地酒 地ビール うたげ満喫 宮城・美里でナイトマルシェ初開催

出店やステージ演奏などを楽しんだナイトマルシェ

 宮城県美里町の女性3人が企画した交流イベント「DoTaBaTa ナイトマルシェ」が24日、同町の宿泊施設「でんえん土田畑(どたばた)村」であった。町内外から約1000人が参加し、初開催の夜のうたげを楽しんだ。

 地ビールや地酒、肉料理など20の出店が並び、「大人が学ぶ」を目的にした体験型ワークショップ9講座も開かれた。
 特設ステージではジャズ演奏と朗読のコラボ企画や、県内のブラジル音楽グループ「ボアソルチ」などの演奏があり、ライトアップされた会場を盛り上げた。
 イベントはいずれも町内に住むパン店経営渡辺晶さん(33)、ジャズサックス奏者名雪祥代さん(44)、サービス業高野香梨さん(32)の3人が企画した。
 まとめ役の渡辺さんは「想定の3倍以上のお客さんが来てくれた。来年以降も開催できるようにこの経験を生かしたい」と話した。
 本年度、土田畑村の指定管理者を引き継いだオリエンタルコンサルタンツ(東京)の山本和幸館長は「地元住民主導でイベントができた。施設の新たなスタートになった」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年08月30日金曜日


先頭に戻る