岩手のニュース

釜石・女性殺害、発見から1週間 出火原因・凶器特定進まず

 岩手県釜石市甲子町で1人暮らしの無職上野誠子(のぶこ)さん(78)が殺害された事件は、遺体発見から30日で1週間となる。岩手県警の捜査本部は、上野さんが頭部に殴られた痕跡のある焼死体で見つかった自宅車庫内の軽乗用車を中心に遺留品などを調べているが、出火原因や凶器の特定に至っていない。
 県警によると、上野さん方は施錠され、内部が荒らされた形跡はなかった。玄関の鍵や財布が見つかったが、県警は発見場所を明らかにしていない。遺体発見時に車庫はシャッターが下りていた。
 遺体が発見された軽乗用車は内部だけが焼損していた。司法解剖で遺体の頭部に硬いもので殴られた痕が見つかり、気道内からは煙を吸い込んだとみられるすすが検出された。手足に縛られた痕はなかった。
 県警は何者かが上野さんを暴行して意識を失わせ、車内に火を付けたとみている。上野さん方から15メートル離れた空き家で23日未明に発生し、遺体発見のきっかけとなった火災についても捜査し、事件との関連を調べている。


関連ページ: 岩手 社会

2019年08月30日金曜日


先頭に戻る