広域のニュース

ボックス席など不評 BRTの観光型バス、新車両に変更 気仙沼・大船渡

使い勝手の悪さが指摘された観光型バスの車内
通勤通学客からの評判が悪く、引退に追い込まれた観光型バス

 東日本大震災で被災した気仙沼、大船渡両線で運行するバス高速輸送システム(BRT)で、JR東日本が旅行客の創出を狙い、導入した観光型バスが29日までに運行を終えた。ボックス席や天窓がある斬新なデザインだったが、利用する高校生らから使い勝手の悪さを指摘する声が相次ぎ、引退に追い込まれた。
 観光型バスは2014年3月、気仙沼、大船渡両線で1台ずつ運行を開始。電車をイメージした内装で、車内を明るくする天窓もあった。沿線の観光パンフレットを置く場所もあった。
 日中に運行したが、観光客より通勤通学客が多かった。定員は59人で通常のBRTよりも約20少なく、他人と対面するボックス席を嫌う高校生もいた。天窓からの日差しで夏場は車内の温度が上昇。車窓からの景色を遮らないようつり革を付けなかったため、立ち客の利便性も悪かったようだ。
 中古車両を改装したバスで、JR東日本は今回、車両の老朽化を理由に廃止を決めた。既に8月上旬には運行をやめた。
 JR東日本盛岡支社BRT計画課の宇野宏課長は「少子化で学生の利用者は減少していく。観光にBRTをどう活用し、利用者増加につなげるかは今後の課題」と話した。
 JR東日本は気仙沼、大船渡両線で観光バス型2台を含む計6台に代わり、通常仕様の新車両計5台が9月上旬から運行を始める。


関連ページ: 広域 経済

2019年08月30日金曜日


先頭に戻る