宮城のニュース

<楽天>日ハムに7−2 快勝で単独3位に

 東北楽天が快勝し単独3位となった。
 打線は四回、打者一巡の猛攻で大勢を決した。ブラッシュの適時二塁打やフェルナンドの左越え3点二塁打、茂木の左犠飛などで計6点を奪った。
 先発弓削は低めの制球がさえ6回2失点。6日の西武戦以来となる3勝目を挙げた。日本ハムは4連敗となった。2年目の北浦が四回途中6失点で初黒星を喫した。

東北楽天−日本ハム21回戦(10勝10敗1分け、18時00分、楽天生命パーク宮城、25,292人)           
日本ハム000002000−2
東北楽天00060100×−7
▽勝 弓削6試合3勝2敗   
▽敗 北浦3試合1勝1敗   

☆イヌワシろっかーるーむ

 ブラッシュ外野手(四回無死一、三塁からバットを折りながら左中間に先制の適時二塁打) 「打ったのは直球。いい流れで回ってきたので積極的にいった。バットは折れたがいい所に飛んでくれた」

☆熱血平石語録

 助かった 「救援陣で休ませたい選手もいたので、四回に打線がつながって6点を取ってくれたのは、ものすごく助かった」(前半の大量リードで勝ちパターンの投手を使わずに済んだことに)


2019年08月31日土曜日


先頭に戻る