宮城のニュース

<マイナビ仙台>きょう盛岡でリーグ後半戦初戦 難敵・神戸と

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は31日、盛岡市のいわぎんスタジアムでリーグ戦第10節のアウェーINAC神戸戦に臨む。正午開始予定。後半戦の最初に難敵を破り、最下位脱出へ弾みをつけられるか。
 29日は仙台市のマイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場で調整。シュート練習や最終ラインのクロス対応などを確認し、約2カ月半ぶりとなる公式戦に備えた。
 仙台は前半戦で1勝2分け6敗の勝ち点5で10位。中断期間中にMFジョーダンマラダとMFミレイニカブラルの新外国人2人を補強し、選手層の底上げを図った。INAC神戸は4勝3分け2敗の勝ち点15で3位。総失点4とリーグ屈指の堅守を発揮する一方、攻撃は総得点9と元気がない。
 今季の対戦は公式戦で1勝1分け1敗。仙台は直近の7月7日のリーグカップでは1−0で制した。辛島監督は「守備で粘り強く戦い、負けないことが大事。最低でも勝ち点1を積み上げたい」と話した。


2019年08月31日土曜日


先頭に戻る