青森のニュース

<むつ市議選>期日前、放課後気楽にどうぞ 3高校に投票所カー導入

むつ市内の3高校を巡回する投票所カー

 青森県むつ市選管は30日、任期満了に伴う市議選(9月29日告示、10月6日投開票)で、市内3高校で期日前投票ができるよう投票所カーを導入すると発表した。18歳の投票率向上を目指す。
 投票所カーは9月30日〜10月5日、田名部高、むつ工高、大湊高に各1回出動する。各校の駐車場で、放課後の1〜2時間程度投票できるようにする。生徒だけでなく教員や住民も投票できる。
 ライトバンの貨物スペースに記載台、投票箱を設置。車のそばに簡易テントを建て、受け付けをする。市職員と立会人の計6人で、各校に向かう。高校だけでなく市内の過疎地域への派遣も検討する。
 4月の青森県議選で、市内の18歳の投票率は24.45%で市全体の55.52%に遠く及ばず、6月の知事選でも18歳の投票率は21.8%で市全体の44.66%の半分以下だった。
 市選管の畑中政勝委員長は「放課後に気楽に投票に行ける状況をつくった。政治に関心を持ってもらい投票率向上につなげたい」と話した。


関連ページ: 青森 政治・行政

2019年08月31日土曜日


先頭に戻る