岩手のニュース

岩手県議選告示 62人立候補、15人が無投票当選

 任期満了に伴う岩手県議選は30日告示され、16選挙区の定数48に対して計62人が立候補を届け出た。8選挙区で計15人の無投票当選が決まった。投票は9月8日で即日開票される。(28面に関連記事)
 無投票当選を含む立候補者数は2015年の前回より1人少なく、戦後最少となった。新旧別は現職41人、元議員2人、新人19人。
 党派別では自民が13選挙区に15人を擁立した。公明は1人を公認。野党は国民民主が10人、共産、社民が各3人を立てた。無所属は30人。
 政党間協力は公明が自民公認の13人を推薦する。無所属は自民、立憲民主、国民、公明が各2人、社民が3人をそれぞれ推薦した。
 29日現在の有権者は106万326人。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年08月31日土曜日


先頭に戻る