宮城のニュース

<楽天>投手戦制す 辛島好投、松井は31セーブ目

 東北楽天が投手戦を制した。辛島は7月25日以来の先発で六回途中まで投げて4安打無失点と好投。チーム単独トップで自己最多に並ぶ8勝目を挙げた。宋家豪、ハーマン、ブセニッツも無失点でつなぎ、九回を締めた松井が31セーブ目。
 打線は五回、茂木の二塁打、島内の右前打で無死一、三塁とし、浅村の遊ゴロ併殺打の間に先制した。
 日本ハムは5連敗で最下位に転落した。

東北楽天−日本ハム22回戦(東北楽天11勝10敗1分け、18時01分、楽天生命パーク宮城、27,931人)
日本ハム000000000−0
東北楽天00001000×−1
▽勝 辛島24試合8勝5敗
▽S 松井58試合2勝7敗31S
▽敗 有原21試合13勝7敗

☆イヌワシろっかーるーむ

 辰己涼介外野手(八回2死一、二塁、中堅への浅いフライをダイビングキャッチ。失点を防ぐ) 「間に合うかどうか迷ったが、取るしかないと思って思い切り走った」


2019年09月01日日曜日


先頭に戻る