宮城のニュース

<楽天>石橋ぴしゃり安定感抜群 許した安打は初回先頭のみ、7回無失点

7回無失点で7勝目を挙げた東北楽天先発の石橋(伊深剛撮影)

 一球入魂だ。東北楽天の石橋が5月の先発転向後、初めて無失点でマウンドを降り、7勝目を飾った。「精いっぱい投げた結果。ゼロで抑えられ良かった」と胸を張った。
 開始早々の一回、先頭の俊足西川にいきなり左前打を浴びたが、落ち着いていた。「低めを突くことを心掛けた」。変化球で続く大田を空振り三振、選球眼の良い近藤は3ボール1ストライクから一ゴロ併殺に仕留めた。
 嫌な流れにも動じなかった。2−0の三回2死一、二塁、銀次の左前打に一走浅村が二塁を飛び出して挟殺され、加点できなかった。だが「点を取ってもらっているので。特に気にすることもなかった」と、続く四回の日本ハムの攻撃を、三者凡退に切って取った。
 その後も、安定感は失われず、7回をわずか1安打、1四球に抑えた。平石監督は「素晴らしい投球。真っすぐ系が良く、右打者へのシュート、カットボール、カーブも有効だった。(三回に)こちらのミスで得点できなかったが、よく抑えてくれた」とたたえた。
 チームは後半戦初の同一カード3連勝となった。移動日を挟み、3日からソフトバンク、西武との6連戦に入る。指揮官は「守りに入るつもりはない。思い切ってぶつかるだけ」と語気を強めた。(狭間優作)


2019年09月02日月曜日


先頭に戻る