山形のニュース

山形市長選が告示 現新2氏が届け出

 任期満了に伴う山形市長選は1日告示され、ともに無所属で、再選を目指す現職の佐藤孝弘氏(43)=自民・公明推薦=、新人で共産党県委員の石川渉氏(45)=共産推薦=の2人が立候補を届け出た。投票は8日で即日開票される。
 佐藤氏は「経済を良くして市の収入を増やし、福祉や子育て支援政策に回す好循環が4年間にできた」と実績を強調。長期目標に掲げる「健康医療先進都市」の実現に意欲を示し「課題にチャレンジする市政を続ける」と訴えた。
 石川氏は「福祉政策が停滞した4年間だった」と現市政を批判。学校給食費の無償化や国民健康保険料引き下げを公約に掲げ「市民が求めている福祉の充実に応えながら、安心して暮らせる山形をつくっていく」と主張した。
 8月31日現在の有権者は20万7430人。

 ◇山形市長選立候補者 
 
佐藤 孝弘(さとうたかひろ) 43 無現(1)
市長(東京財団研究員、経産省職員)北海道、東大=(自)(公)
 
石川  渉(いしかわしょう) 45 無新 
共産党県委員(日本民主青年同盟県委員長)千葉県、山形大=(共)


関連ページ: 山形 政治・行政

2019年09月02日月曜日


先頭に戻る