宮城のニュース

「まず市政把握」佐藤光氏が抱負 塩釜市長選 当選証書交付

当選証書を受ける佐藤光樹氏(右)

 宮城県塩釜市選管は2日、市長選で現職を破って初当選した佐藤光樹氏(51)に当選証書を交付した。
 市役所で交付式があり、市選管の坂井盾二(じゅんじ)委員長が「高い志を掲げ、市民のため、日本で一番レベルの高いまちづくりに力を尽くしてほしい」と呼び掛けた。
 光樹氏は「責任の重さを感じた。しっかり頑張りたい」と語った。県議会議長を辞任して臨んだことに触れ「仕事で皆さんに返せるよう努める。まず今までの(市政の)経緯と状況を把握したい。市民懇談会も始めたい」と抱負を述べた。
 任期は11日から4年間。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年09月03日火曜日


先頭に戻る