宮城のニュース

<楽天Eデータ>ソフトバンク、西武と6連戦/集中力発揮 勝ち越しを

 東北楽天は3日から首位ソフトバンク、2位西武との今季の命運を懸けた6連戦に入る。残り20試合のうち、ソフトバンクが5試合、西武は8試合。直接対決に勝てば勝つほど、逆転優勝、クライマックスシリーズに近づく。勝負の要点をデータを基にまとめた。
 ソフトバンク3連戦には岸、則本昂、美馬が先発の予定。中でも美馬は4試合で防御率1.50と相性がいい。岸、則本昂の両エースは完全復調と言えないが、数々の修羅場をくぐってきた経験を生かしてほしい。
 ソフトバンク各打者の東北楽天戦での打率=表1=を見ると警戒すべきはグラシアル。打率3割5分6厘、5本塁打、16打点と打たれている。今季の対戦はないが、昨季の打率4割超の柳田にも注意したい。
 伊藤投手チーフコーチは「小技のできる打者が多い。相手はチーム防御率(リーグトップの3.63)が良いだけに、投げミスによる失点が命取りになる」と強調する。
 6日から3連戦となる西武はリーグ屈指の攻撃力を誇るが、東北楽天には75点と唯一の2桁得点にとどまっている。東北楽天はこれまで通り、勢いに乗せないよう要所を抑えたい。
 西武各打者の東北楽天戦の打率=表1=で3割を超える秋山(八戸大出)、源田の1、2番、主砲中村の一撃に注意したい。伊藤コーチは「西武には逃げの投球をすると余計につかまる。内角に投げ切ることを意識したい」と話す。先発予定の弓削、辛島、石橋には強気の投球が求められる。
 東北楽天各打者の対ソフトバンク、対西武の打率=表2=からは、ソフトバンクには4、5番のブラッシュ、銀次、西武には1、2、3番の茂木、島内、浅村が好相性だと分かる。打線のつながりを考えると、ソフトバンク戦は島内、西武戦は銀次の奮起が鍵となりそうだ。
 特に8月の島内は、月間安打が38と球団記録を更新し、打率3割6分2厘と絶好調だった。平石監督は「(7月に)右手首をけがした後、いい意味で力が抜け、バットのヘッドが走るようになった。けがの功名」と語る。島内は「2番は打席が多く回ってくる。負けられない戦いが続くので頑張る」と決意を見せる。
 東北楽天は5月中旬以降、負ければ借金生活になるという6度の瀬戸際を全て勝ち、勝率5割以上を死守した。対戦成績もソフトバンクにはタイ、西武には10勝7敗と対等以上の戦いをしてきた=表3=。重要な試合での粘り強さ、集中力で6連戦を勝ち越してほしい。
(狭間優作)


2019年09月03日火曜日


先頭に戻る