宮城のニュース

<楽天>遅い反撃 ソフトバンクに2−3

 東北楽天は終盤の追い上げも及ばず、連勝が3で止まった。
 先発岸は5回3失点で5敗目。立ち上がりから制球に苦しみ、二回に今宮の先制ソロ、四回は内川に左越え2ランを浴びた。打線は0−3の八回、辰己の右越えソロ、小郷のプロ初本塁打となる右越えソロで1点差に迫り、なお2死満塁としたが逆転できなかった。
 ソフトバンクは2連勝。先発高橋礼は八回途中2失点で11勝目を挙げた。

 ソフトバンク−東北楽天21回戦(ソフトバンク11勝10敗、18時00分、ヤフオクドーム、35,500人)        
東北楽天  000000020−2
ソフトバンク01020000×−3
▽勝 高橋礼19試合11勝3敗
▽S 森45試合2勝3敗28S
▽敗 岸12試合2勝5敗
▽本塁打 今宮14号(1)(岸)内川12号(2)(岸)辰己3号(1)(高橋礼)小郷1号(1)(高橋礼)

☆熱血平石語録

いい粘り

 「苦しい展開で辰己、小郷は見事な本塁打を打ってくれた。勝つことはできなかったが、あと一歩のところまでいい粘りを見せた」(終盤に奮起した打線について)


2019年09月04日水曜日


先頭に戻る