宮城のニュース

宮城県民の入場料2割引き いわき・ハワイアンズが10月に「感謝月間」 フラガールがPR

村井知事(左)にレイとアロハシャツを贈呈したフラガールの2人

 福島県いわき市の温泉施設スパリゾートハワイアンズのフラガールらが3日、宮城県庁を訪れ、10月限定で県内在住者の入場料金が2割引きになる「県民感謝月間」を村井嘉浩知事にPRした。
 ハワイアンズでは10月の宮城、山形など5都県を皮切りに2020年3月まで全都道府県を対象とした感謝月間を展開する。今年はフラガールの養成学校「常磐音楽舞踊学院」の開校55周年を記念した特別公演も行われている。
 施設を運営する常磐興産の下山田敏博レジャーリゾート事業本部長、フラガールのラウレア美咲さんと小林美穂さんが県庁を訪問。村井知事にアロハシャツなどを手渡し、感謝月間をアピールした。
 下山田本部長は「宮城からも多くの人に訪れてもらっている。ダンサーも頑張っているので見に来てほしい」とあいさつ。村井知事は「常磐自動車道がつながり、宮城から近くなった。多くの県民が訪れると思う」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年09月05日木曜日


先頭に戻る