宮城のニュース

<楽天>則本昂痛恨、流れ手放す 課題の立ち上がりに2被弾

1回、ソフトバンク・中村晃(左)に先制2ランを浴びた東北楽天・則本昂

 課題の立ち上がりをまた克服できなかった。東北楽天の先発則本昂は一回に2被弾でいきなり3点を失った。「もったいなかった」。声に力は無かった。
 一回無死一塁、中村晃に2ボールからストライクを取りにいった真ん中直球を右翼席にたたき込まれた。さらにデスパイネにもやや甘くなった外角の変化球を右中間スタンドに運ばれた。
 思い通りにいかない投球に、右腕はマウンド上で帽子を取って悔しそうに頭をかきむしった。
 前回登板のロッテ戦でも一回に失点し、新人だった2013年の1回KOに次ぐ2回4失点での降板という屈辱を味わった。伊藤投手チーフコーチは「誰でも立ち上がりは難しい。特にソフトバンク打線となればなおさらだ」とかばったが、首位相手に3点のビハインドは、チームに重くのしかかった。
 「フォームを意識して投げたことで良くなってきた」(則本昂)と言う二回以降は、変化球でうまくカウントを稼ぎながら直球で差し込む好調時の投球を見せて、四回の松田宣の左越えソロによる1点だけに抑えた。
 「前回よりも状態は良かったと思う」と則本昂。前日の岸に続きダブルエースでの連敗は痛手だが、背番号14が復調の手応えをつかんだのはかすかな光明だ。(伊藤卓哉)


2019年09月05日木曜日


先頭に戻る