岩手のニュース

「出くわしたら後ずさり」クマから命守る出前授業 岩手・北上市の和賀西小

ツキノワグマの頭蓋骨を手にして生態を学ぶ子どもたち

 子どもたちにツキノワグマの生態について正しい知識を身に付けてもらおうと、岩手県北上市で5日、岩手大の山内貴義(きよし)准教授(野生動物管理学)による出前授業があった。出没例が多い地域で人的被害を回避しようと県が企画した。
 和賀西小と笠松小の4年生22人が、毛皮などを手に取って爪の鋭さなどを体感。山内准教授が本州に生息するツキノワグマの特徴を説明した。出くわした場合は「背中を向けて逃げると追い掛ける習性があるので、後ずさりで距離を保つ」「どうしようもないときは地面に伏せて頭を守ると被害の程度は小さくなる」と助言した。


関連ページ: 岩手 社会

2019年09月05日木曜日


先頭に戻る