宮城のニュース

インフルエンザで今季初の学級閉鎖 東松島・大曲小学校

 宮城県教委は5日、インフルエンザのため、宮城県東松島市大曲小2年の1学級を6日まで閉鎖すると発表した。県は、手洗いの徹底などを呼び掛けている。
 県教委スポーツ健康課によると、同校では3〜5日に4、5年の各1学級を閉鎖した。インフルエンザによる学級閉鎖は今季初で、過去10年間で最も早い。
 インフルエンザに感染し、欠席した児童は4年(全1学級)が38人中11人、5年(同)が36人中18人、2年2組が21人中5人で計34人だった。
 インフルエンザは例年、12〜1月に流行する傾向がある。過去10年間で学級閉鎖が最も早かったのは2017年の9月12日。
 県疾病・感染症対策室の担当者は「現時点では流行と言えないが、仙台、石巻管内で患者数が増えている。手洗いや十分な睡眠、栄養のある食事を心掛けてほしい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月06日金曜日


先頭に戻る