宮城のニュース

音楽や踊りで復興支援の輪 8日・松島で応援コンサート

昨年10月に多賀城市であったコンサート

 歌や踊りを通じて東日本大震災の被災地を支援する「“わ”で奏でる東日本応援コンサート2019in松島」(松島パークフェスティバル実行委員会主催)が8日、宮城県松島町文化観光交流館「アトレ・る」で開かれる。
 出演は計9組で、いずれもシンガー・ソングライターの辛島美登里さん、山口マリーさん、くるみeeさんの3人が登場。松島高のダンス部と吹奏楽部、震災発生直後の2011年6月、松島を元気にしようと発足した町内のすずめ踊りグループ・松島祭連(まづら)竹谷舞も参加する。
 ほかに東北地方を中心に活動するフラダンスグループとハワイアンバンドの共演、社会人バンド2組の演奏がある。
 コンサートは震災後、被災3県などで続いており、県内では昨年10月に多賀城市であった。来場者には、被災者へのメッセージをカードに記入してもらう。カードは来年3月11日に東京で開かれる「“わ”で奏でる東日本応援コンサート2020in東京」のステージなどで展示される。
 開演は午後3時。入場無料だが入場整理券が必要。連絡先は松島プチホテルびすとろアバロン内の実行委事務局022(354)5777。


2019年09月06日金曜日


先頭に戻る