宮城のニュース

<楽天>バントミス響く 首位タカに痛恨3連敗

2回、送りバントが捕ゴロとなり一走が二封され、うつむく東北楽天・銀次

 バントミスが勝敗を分けた。東北楽天は4度の犠打を試みたが、成功したのは五回の堀内だけ。確実に得点機をつくれず攻撃のリズムがつくれない展開に、平石監督は「そこはしっかりと反省しないといけない」と渋い表情だった。
 まずは二回。無死一塁から銀次が2ボールからの3球目をバントしたが、小飛球となった打球は捕手の前に落ちて二封された。先発中田の荒れ球に的を絞りにくかった面はあった。ただ銀次は「自分の練習不足」と言い切った。
 三回も無死一塁でベテラン藤田がバントできず空振り三振。続く浅村の鋭い当たりは二直となり、一走茂木が戻れずに併殺打となる悪い流れとなった。
 五回には3度目の無死一塁から辰己がセーフティーバントを試みた。外角高めに抜けたスライダーにバットを合わせたが打球は高く浮いて三飛に。「成功させて流れを変えたい気持ち」で臨んだものの「思ったよりも(球の)変化がなかった」と失敗を悔やんだ。
 首位ソフトバンクに岸、則本昂、美馬の先発3本柱を立てて必勝を期したが、3連敗の返り討ちに遭いBクラスに転落した。6日からは好調の2位西武との3連戦が控える。「ここからが大事。ずるずるといかないようにしっかり切り替えていきたい」と指揮官。チームは正念場を迎えた。(伊藤卓哉)


2019年09月06日金曜日


先頭に戻る