岩手のニュース

ふるさと納税の返礼マツタケ 産地偽装の業者と契約解除へ 岩手・八幡平市

 ふるさと納税の返礼品発送業務を請け負った業者がマツタケの産地を偽装したとして起訴された事態を受けて岩手県八幡平市は5日、業者との契約を解除する方針を示した。市議会全員協議会で表明した。
 全員協では、市や複数の市議に、匿名の告発メールが届いていたことも明らかになった。市は内部調査を行っておらず、議員からは「速やかに対応すべきだった」と批判が相次いだ。
 市は現在、返礼品を伴う寄付の受け付けを休止しており、再開のめどは立っていない。岡田久・副市長は「裁判の内容を確認した上で再発防止に取り組みたい」と話した。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年09月06日金曜日


先頭に戻る