岩手のニュース

幼児教育・保育無償化対象外の副食費全額補助 大船渡市が方針を発表

 岩手県大船渡市は5日、10月に始まる国の幼児教育・保育無償化に合わせ、おかずなどの副食費を独自支援する方針を発表した。本年度の対象は約500人。
 国の幼保無償化で副食費が自己負担となる3〜5歳児に月額4500円を全額補助する。本年度末まで半年間の事業費は1250万円。6日開会の9月定例市議会に関連費を盛り込んだ2019年度一般会計補正予算案を提出する。
 副食費を巡って岩手県内では、宮古、遠野の両市も独自支援策を発表。八幡平市は既に実施している。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2019年09月06日金曜日


先頭に戻る