福島のニュース

いわき浪江線・帰還困難区域、通行証なしでの通行が再開

通行証なしで通行する軽自動車と、従来から通行する除染廃棄物輸送車両(写真の一部を加工しています)

 福島県道いわき浪江線のうち、東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域内の福島県大熊町野上−浪江町井手間(約6.4キロ)で5日、通行証なしでの通行が再開された。二輪車や歩行者は引き続き通行できない。
 同じく南北に延びる幹線道路の国道6号の混雑緩和や6号での事故時の迂回(うかい)路としての役割が期待される。福島県郡山市と結ぶ国道288号とも接続し、浪江町方面と中通りとのアクセスが向上する。
 大熊町野上山神にあったゲートが撤去され、双葉町中心部につながる国道288号上に新たにゲートが設けられた。
 国の調査では車道上の放射線量は最大毎時7.93マイクロシーベルトあったが、1回通行時の被ばく線量は胸部X線集団検診の約160分の1と評価。国や関係自治体の協議で通行再開が決まった。いわき浪江線は59キロ全線で自由通行が可能になった。


2019年09月06日金曜日


先頭に戻る