宮城のニュース

政宗の甲冑などデザイン「伊達な文化」ようかん包む

伊達政宗の甲冑や陣羽織がデザインされた新パッケージ

 和菓子製造の白松がモナカ本舗(仙台市)は、仙台藩祖伊達政宗の甲冑(かっちゅう)など、文化庁認定の日本遺産「政宗が育んだ『伊達』な文化」をデザインしたオリジナルパッケージの「ミニヨーカン」(1100円)を発売した。
 箱の大きさは縦約11センチ、横約17センチで、ようかん6個入り。箱や個包装には陣羽織や瑞鳳殿など11の文化財を写真と説明文で紹介。スマートフォンで箱や個包装のQRコードを読み込むと、文化財の詳細な説明画面を見ることができる。英語や中国語など6カ国語に対応した。
 宮城県教委文化財課によると、地域の歴史や文化財に物語性を持たせて魅力を発信する日本遺産を商品のパッケージに使用する例は全国的に珍しいという。
 早坂薫副社長らが6日、県庁を訪れ、佐野好昭副知事に新パッケージを披露した。
 早坂副社長は「先人が刻んだ歴史と文化を紹介し、宮城の魅力を伝えたい」と語った。直営店やデパートなどで販売している。


関連ページ: 宮城 経済

2019年09月07日土曜日


先頭に戻る