宮城のニュース

<定禅寺ジャズフェス>杜の都キセキのリズム 仙台で開幕

ケヤキ並木の間から木漏れ日が差す中、音楽を楽しんだ演奏者と観客=7日午後3時50分ごろ、仙台市青葉区の定禅寺通

 第29回定禅寺ストリートジャズフェスティバル(協会主催)が7日、仙台市青葉区の定禅寺通など市中心部で始まった。今年のテーマは「Road〜みんなのキセキ〜」。初秋の杜の都は、多彩な音色とリズムであふれた。
 公園や商店街に設けられた46カ所のステージでは、全国から集まったプレーヤーがジャズやロック、ソウル、ブルースなどの楽曲を演奏。家族連れや買い物客はリズムに合わせて体を揺らし、音楽を楽しんだ。
 全国最大級の市民音楽祭は2日間で、プロ、アマチュアの計710組、約5100人が出演する。
 8日も午前11時に演奏がスタート。メイン会場の勾当台公園市民広場では午後4時半から、宮野寛子&noon、EPO、TRI4THのプロ3組が最終盤を盛り上げ、午後7時半〜8時にフィナーレを迎える。


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月08日日曜日


先頭に戻る