青森のニュース

あおいで運んで風船リレー 青森・ギネス認定

うちわをあおいで風船を前に進める参加者

 青森市の新青森県総合運動公園で7日、風船をうちわであおいで100メートル運ぶギネス世界記録に挑戦するイベントがあった。優勝チームのタイムは2分11秒33でギネス記録を達成した。
 青森銀行が創業140周年記念事業の一環で企画。同行員らを中心に約1000人が参加し、支店ごとに構成したチームなど計67チームで競った。
 1チーム8人が2人1組になり、25メートルずつリレー形式で風船を運んだ。うちわは標準的な大きさで、風船は直径19〜21センチ。参加者はなかなか前に進まない風船に苦戦しながら、力を合わせてうちわをあおいだ。
 審査部員で作る「チーム審査部」が、ギネス記録の認定基準タイムの4分を大幅に上回り優勝した。キャプテンの須藤格さん(32)=青森市=は「チームが一致団結できた。まさか自分がギネス記録を達成できるとは」と驚いた様子だった。


関連ページ: 青森 社会

2019年09月08日日曜日


先頭に戻る