宮城のニュース

水素エネルギー、普及すれば暑さも和らぐ?

 宮城県富谷市主催の環境啓発イベントが市役所前であった。来場者にかき氷を振る舞い、ミスト扇風機も稼働させて涼を提供した。
 厳しい残暑をしのぎ、ほっと一息。実はこのサービスがイベントの肝だった。かき氷機も扇風機もエネルギー源は水素。水素エネルギーを利用する燃料電池バスを横付けして電源に活用した。
 二酸化炭素を出さないため、地球温暖化の抑制につながるとされる水素エネルギー。広く普及すれば暑さも和らぐ?
(富谷)


関連ページ: 宮城 社会

2019年09月10日火曜日


先頭に戻る