宮城のニュース

<楽天>松井、自身の球団最多記録更新の34セーブ

松井裕樹選手

 東北楽天の松井が34セーブ目を挙げ、2015年と17年に自身が記録した球団最多セーブを更新した。「(記録は)大したことではない。とにかく勝ちをこぼさないように、チームのために投げた」とクールに振り返った。
 2点リードの九回に登板し、先頭鈴木昂は一邪飛、佐野は投ゴロ、最後の白崎は空振り三振と、3人をわずか9球で片付けた。「前回(7日西武戦)は球数が多くなってしまったので、省エネを意識した」と語った。
 どこまで記録を伸ばすかが注目されるが、守護神は「チームが勝つのが一番。そのために投げるのが重要だと思っている」と最後までチームプレーを強調した。


2019年09月10日火曜日


先頭に戻る