宮城のニュース

騎馬武者 伊達に演じる 大崎・岩出山で政宗公まつり

よろいかぶとに身を包んで行進する騎馬武者隊

 仙台藩祖伊達政宗が青年期に城を構えた宮城県大崎市岩出山で8日、政宗公まつり(協賛会主催)の本まつりがあり、政宗や家臣に扮(ふん)した騎馬武者らが勇ましく行進した。
 公募などで選ばれた騎馬武者15人を含め、稚児行列やすずめ踊りの団体など計1500人が商店街を練り歩いた。日差しが照り付ける中、地元の住民や観光客は壮大な歴史絵巻を楽しんだ。
 両親、妹と見物した岩出山小3年の藤川涼平君(9)は「みんな格好良かった。上級生になったら太鼓のメンバーとして出たい」と話した。
 協賛会によると、7日の宵祭りと合わせた2日間の人出は7万人を超えた。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年09月11日水曜日


先頭に戻る