福島のニュース

小泉環境相が福島県庁を訪問

内堀知事(左)と懇談する小泉環境相

 第4次安倍再改造内閣で初入閣した小泉進次郎環境相が12日、就任後初めて福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事と懇談した。東京電力福島第1原発事故で出た除染廃棄物を30年以内に県外で最終処分する方針について「約束を守れるよう全力を尽くす」と強調した。
 懇談は冒頭のみ公開された。小泉氏は当面の課題として「(除染廃棄物の)安全な輸送が行われるよう責任を持って取り組む」とも述べた。懇談終了後、取材に対し最終処分量の減容に向けた除染土の再利用を巡り「地元の理解がなければ実現しない。あらゆる声に耳を傾ける」と語った。


関連ページ: 福島 政治・行政

2019年09月12日木曜日


先頭に戻る