広域のニュース

復興五輪実現へ橋本氏にエール 鈴木氏が引き継ぎ

内閣府で橋本五輪相(左)に引き継ぎ書を手渡す鈴木氏

 五輪相を退任し自民党総務会長に就いた鈴木俊一氏(衆院岩手2区)は12日、後任の橋本聖子氏への引き継ぎに臨んだ。
 鈴木氏は2020年東京五輪・パラリンピックの理念の一つである復興五輪に関し「招致決定直後の被災地は五輪どころではない状況だったが、徐々に内実が伴ってきた。引き続き力を入れてほしい」と求めた。
 大会推進本部事務局の職員には「新大臣をチームワークで支え、成功に導いてほしい」と激励。11日に結果が通知された五輪チケットの追加抽選に当選したことを明らかにし「本当に気分爽やかにバトンタッチすることができた」と語り笑いを誘った。
 橋本五輪相は職員を前に「受け継いだ復興五輪の実現に向け、被災者の皆さんの期待を裏切ってはならない。復興する姿を世界に発信する」と強調した。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年09月13日金曜日


先頭に戻る