宮城のニュース

<ベガルタ>きょうアウェー札幌戦

 J1仙台は14日、札幌市の札幌厚別公園競技場でリーグ戦第26節のアウェー札幌戦に臨む。午後2時開始予定。前節から2週間ぶりの試合で攻撃力の高い難敵を破り、迫りつつある降格圏から反転攻勢への足掛かりを築けるか。
 11日は仙台市の紫山サッカー場で公開練習。紅白戦などを行い、素早くサイドを崩す攻撃の連係確認や対人プレーの強化に努めた。左頬を骨折したMF関口は完全合流し、8試合ぶりの出場を目指すMF椎橋らと積極的にボールに絡んだ。
 仙台は8勝4分け13敗の勝ち点28で15位。前節は降格圏内の16位の鳥栖に1−2で逆転負けし、勝ち点差1に迫られた。4戦未勝利の悪い流れを断つため、前節からメンバーを入れ替える可能性がある。
 札幌は11勝6分け8敗の勝ち点39で7位。前節は神戸を3−2で破り、4戦負けなしと好調を保つ。総シュート数294本はリーグ2位の多さ。日本代表のFW鈴木、タイ代表のMFチャナティップ、長身のFWジェイらで構成する3トップが力強い。YBCルヴァン・カップ準々決勝から中5日での試合となり、仙台と疲労の蓄積の差がどう影響するか。
 J1での通算対戦成績は仙台の5勝1分け3敗。1巡目のホームでの対戦は2−1で勝った。


2019年09月14日土曜日


先頭に戻る